kanehamaasami’s blog

日々感じたことを詩や絵本、動画絵本にして配信しています!

「いがぐりねずみ」STORY

その日は、しとしと雨が降っていました。

仕事も、夢も、恋愛も、すべてがダメになった。

そう、「どん底」におちた時、足元に転がっていたのは「いがぐりねずみ」でした。

f:id:kanehamaasami:20180224182057j:plain

えっ?

目をこすってよく見ると、それは雨水を含んで広がった毬栗でした。

涙でにじんだわたしの目には、「いがぐりねずみ」という生き物にみえたんです。

 

ちょっとぐろいんですが。。。

f:id:kanehamaasami:20180224181309j:plain

自然はいつだって閃きをくれます。

自然を見てるとわくわくする。

f:id:kanehamaasami:20180224190145j:plain

当時、わたしが住んでいた私の家の近くに、栗の木畑があったんです。

ひとつ、またひとつ、転がっている毬栗を見つけるたびに、心は踊ってたのしくなっちゃいました。家に帰り、夢中で「いがぐりねずみ」の物語を書きました。

 

おかしな話ですが、自分の作品は時に、自分を助けてくれます。

いがぐりねずみは、わたしを助けてくれたんです^^

f:id:kanehamaasami:20180224190350j:plain

無印良品で売ってる白い絵本台紙に、描いたのが「いがぐりねずみ初期版」。

【いがぐりチャンネル】絵本「いがぐりねずみ」 - YouTube

f:id:kanehamaasami:20180224184234j:plain

4歳の甥っ子がとても気に入ってくれて、動画絵本のしゃべり口調を完全に暗記するくらい見てくれていました。めっちゃ嬉しかったな。

f:id:kanehamaasami:20180224184541j:plain

これは改正版。フォトブック用の冊子にしました。

親戚の子が帰って弟たちに読み聞かせしてくれたらしい^^めっちゃ嬉しかった。

わたしがあの日、いがぐりねずみくんにもらった勇気を、同じようにきずついたり大変な中に居る人に感じてもらえたらいいな。

 

これからもわたしは、絵本を描き続けます!

f:id:kanehamaasami:20180224191011j:plain